ボルトエンジニア(株)

製品の紹介

軸力管理が出来て
確実に緩みを防止

トルク締めするとボルトの捻じれと、ねじ面・座面の摩擦で軸力は不正確。
トルクの10%程度しか軸力に変換されない。

「緩まない」性能を比較した実験結果の一部です。

3000Nmで締結した
M36xP4の緩めトルクの比較
図 図

テンションナット®の緩み難さは、締付け時トルク(或いは軸力)の数倍(=2.2~4倍)になります。

軸力128kNで締結した
M36ボルトの緩みトルク(Nm)比較
図 図

原理

複数個(6~20ケ)のプレスねじが組み込まれたテンションナット®本体と、斜面θ°の斜面ワシャーから成っています。

図 図
  1. ナット本体が緩もうとする(左回転しようとする)
  2. プレスねじが右へ動きθ°のワシャー斜面を登ろう(滑ろう)とする
  3. 少しでも登ると
  4. ボルト軸力が増加
  5. ワシャーは座面に強く押し付けらるのでワシャーは回らない
  6. 同時にボルトねじ面の摩擦力も(軸力の増加で)増大するから、やはり緩まない。

テンションナットRが緩まないのは、ナット座面やボルトねじ部の摩擦抵抗によってではありません。(緩まろうとすると)軸力が自動的に増加する為に、反って「余計に締まる」のです。

テンションナット®についてのお問い合わせはこちら

総販売元
株式会社日本プララド
TEL:0120-500-207

総販売元
株式会社日本プララド
TEL:0120-500-207

テンションナット®についてのお問い合わせは、電話・メールフォームから受け付けております。
製品についてご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ