ボルトエンジニア(株)

TOPへ戻る▶

ボルト締結工具選定の比較表
◎テンションナット
(機械式ボルトテンショナー)
選定の基準

比較項目
テンションナット
テンションナット
油圧トルクレンチ
油圧トルクレンチ
油圧式ボルトテンショナー
油圧式ボルトテンショナー
使用目的 ボルトの軸力管理 良い 勧められない ベスト
ボルトのトルク管理 不適当 ベスト 不適当
検定・性能試験 ボルト軸力計あり トルク試験機あり ボルト軸力計あり
防爆性能 完全 エアポンプを使う事で解決 エアポンプ・ハンドポンプの使用で解決
動力源 不要 必要 必要・ハンドポンプを使うなら動力不要
作業性 ボルト多数時の作業性M36が10本以上など 勧められない ベストの工具 便利とは言えない
ボルト少数の時の作業性M52が3本程度など ベスト 不便 同左
手軽さ・準備など トルクレンチ一本あれば、何処でも作業が可能 駆動ポンプが無いとどうにもならない。 同左
反力受けの必要性 不要 必ず必要 不要
トラブル トラブルフリー 油漏れなど起こし易い 同左
増締めの手間 トルクレンチ1本有ればよい ポンプ・電源など準備は大掛かり 同左
狭隘部での作業 ベスト 油圧レンチが入らないと使えない 同左
重量:M56以上など ナット本体以外に重量物は無い ポンプ・ホース込みで30kg程度 ポンプ・ホース込みで25kg程度
品質性能 ボルト軸力のバラツキ 最小 非常に大きい 最小
ボルトねじ面・座面の摩擦 ゼロ 非常に大きく、ボルト軸力に影響 ゼロ
ボルト長が短い時:被締結物厚さがボルト径の3倍以下など ベスト ベスト 勧められない(締まらない)
ボルト長が長い時:被締結物厚さがボルト径の5倍以上など 良い 良い ベスト
振動に対するナットの緩みの可能性 構造的に起きない 発生する 発生する
経済性 経済性:M42が5本以下など 最も安い:40万円以下 100万円を超える 80万円を超える
メンテの費用 トラブルフリーなので殆どゼロ 高額 高額
解決

ボルト数が5本以下と少なく、ボルト径が大きい時には、作業性・締付時間・コストの面からテンションナット(機械式ボルトテンショナー)が最適です。